新居拓也のブログ。2016年夏、カナダのユーコン川を下ってきました。前職は地方紙記者。元川の学校スタッフ。


by n11t

カテゴリ:下手な釣り( 2 )

鳴門エギング

f0093462_9154390.jpg


川塾のペペと和也と鳴門にイカ釣りに行ってきた。
9月上旬に続いて今年2回目。
前回は手のひら(に全身が乗る)サイズが3〜4匹。

午前4時半の亀浦集合を目指して出発。
大粒の雨がフロントガラスを打っていた。
早起きは苦手だから眠いし、「もう今日は諦めませんか」という白旗を上げたくなるも我慢。

全員遅れて5時スタート。
足場の良い岸壁で釣る。
風はないけれど、いかんせん雨が強い。

墨跡は東端より西端に多かった。
ただ、それがわかったのはの後こと。
僕は東側から大鳴門橋方向に向かって釣った。

「今日は厳しいだろうなあ」なんて思っていたが、少ししてペペが「来た!」と声を上げた。
バラしてしまったが、明確にイカだったらしい。
「お、丁寧にやれば釣れるのかも」と思い俄然やる気が湧いた。

エギは2号と小さなものを用意したので、竿はメバル用を使用。
周囲も明るくなり始めた午前6時前、底付近で最初の1匹をかけた。
引かないのでゴミかと思った。
かかっているのは長い足一本だけ。
どうやら渋いみたい。

先週よりはだいぶ良いサイズ。
これなら持ち帰っても良心の呵責に悩まされることもない。

30分ほどしてもう1匹。
しゃくって着底した後、ラインにテンションをかけると走り出した。
さっきの1匹より重いし、よく引く。
メバルロッドの曲がりがちょうど気持ち良い。
こちらも足一本。



今回の釣行では、雨具の下にファイントラックのアクティブスキンタイツを着用。
使用した感触はとてもよく、雨の中なのに寒くなく、かつその存在を忘れてしまうほど快適。
上半身用の長袖も買おうかなと思った。

その後、完全にあたりが遠のいたので、数カ所移動。
手のひら(全身が乗る)サイズが釣れたけれど、リリースした。

9月下旬か10月上旬からワーホリでニュージーランドの予定。
あと何回行けるだろうか。
もちろん、エギはニュージーにも持っていくけどね。



[PR]
by n11t | 2016-09-15 13:33 | 下手な釣り
教育実習の時の先生から電話。
釣りにいかないかというので、もちろん、と宍喰まで行ってきた。

午前3時起床。
寝たのが午前2時だから1時間しか寝ていない。

rage against the machine の know your enemy をリピートで聞いて寝ないように奮い立たせながら車を走らせる。

阿南で合流。
午前6時までに宍喰へ。
今日は渡船で磯にのぼってイカを釣る。

7時半ごろに釣りを始めるが、釣れない、釣れない。
船頭さんが持ってきてくれたお弁当がおいしいのと、
天気がピカーンと良くて気持ちいいのが救い。

先生も全然釣れてない。
僕の10倍くらい釣りが上手い先生が釣れてない時点で、釣れる気が全くしない。

岩がすごい形をしている。
砂岩というらしい。
蜂の巣のよう。

f0093462_912289.jpg


磯には、いい感じにくぼみと屋根が出来ていて、ここには風が吹かない。
それどころか、日の光をいい感じに反射してくれてぽかぽかと暖かい。
1時間ほど昼寝。
釣れなくてもいい休日。

f0093462_921119.jpg


結局午後3時までやるも、結果は「エビで鯛を釣るのだ」と遊びで釣れたカサゴだけ。
他の磯では、深くて潮の周りがいい場所ではイカも釣れたらしい。


予想はしてたけど、先生は「たくちゃん、浜、行くで?」と釣れるまで帰らない所存です。
もちろん、寝てすっきりしたし行きます。

海部川河口の浜へ。
すでに20メートル間隔くらいで人が並んでいる。
午後4時半。

餌木をビューンと沖に向かって投げてしゃくってくる。
あ、隣のおじさんが釣れた。

午後8時まで釣って、この浜でアオリイカ1匹とモンゴウイカ1匹。
胴体が20センチ以上あるイカが波に乗って逃げようとするから、波打ち際で走り回って死闘。
いやー、釣れてよかった。
[PR]
by n11t | 2011-01-08 00:00 | 下手な釣り