新居拓也のブログ。2016年夏、カナダのユーコン川を下ってきました。前職は地方紙記者。元川の学校スタッフ。


by n11t

【元川ガキ、ユーコンへ行く】カヌーのレンタルと旅行保険(4月)

先ずはカヌーの予約

f0093462_06432395.jpg

出典:Kanoe People ホームページ 


カヌーは4月下旬、野田さんと旧知の「カヌーピープル」でレンタルを予約した。この店はホワイトホースの中心部の川のほとりに店を構えていて便利だ。

ホームページには、レンタルカヌーでユーコン川を下るいくつかのパターンが紹介されていた。例えばこんな感じ。


レンタル料

・ホワイトホースからカーマックス、320キロ、8日間で225カナダドル

・ホワイトホースからドーソンシティ、736キロ、16日間で375カナダドル


サイトには日本語のページもあって日本語での予約も可能のようだったが、これから英語圏を旅することを踏まえて英語で問い合わせてみた。


✉︎4月24日 僕からKPへ

「7月半ばから8月上旬まで16日間のカヌー旅を計画しています。正確な日程はまだ決まっていません。あなたの会社でカヌーをレンタルしたいのですが、予約の状況はいかがですか。予約は急いだ方が良いでしょうか。」


✉︎4月26日 ガスという男性から僕へ

「7月中旬にカヌーをレンタルすることができます。7、8月は繁忙期なので、日程が決まりしだい早めに予約することをお勧めします。」


後から知ったことだが、ガスさんはKPを退職したおじさんで自宅で予約やメールのやりとりを担当しているらしい。


メールには、川旅に必要な道具とレンタルできる道具のリストが添付されてきた。僕が持って行った道具はほぼこのリスト通りになった。レンタルできる道具のリストには、バーナーなどのキャンプ用品からナタ、防水バッグなどが並んでいた。


僕は16日間の日程で、カナディアンカヌーをレンタル。カナディアンは経験がないが、いかにも船らしい見た目に憧れていた。船長の気分が味わえそうじゃないですか。

すぐに日程を決めてメールを送り、4月下旬に予約が確定した。


どんな保険がきくのか?


万が一事故して死んだとしても、家族に遺産くらいは残したい。とはいえ、ユーコンの川旅に適応される保険ってどんなものか、見当がつかなかった。


モンベルの友人やっぴーが過去に保険を担当していたので、問い合わせてみた。彼はすぐに返信をくれ、「これではどうだろう」とモンベルの系列会社ベルカディアが代理店の富士火災の海外旅行保険を紹介してくれた。


気になったのは、契約にあたって質問される「旅行中に危険な職業・職務に従事されますか?または危険な運動を行う予定はありますか?」という項目だ。


「危険な運動」とは別項で、「山岳登はん(ピッケル、アイゼン、ザイル、ハンマー等の登山用具を使用するもの)、リュージュ、ボブスレー、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗、超軽量動力機(モーターハンググライダー、マイクロライト機、ウルトラライト機等)搭乗、ジャイロプレーン搭乗、航空機操縦、自動車等の乗用具による競技・競争・興行・試運転、その他これらに類する危険な運動をいいます。」と説明されている。


「その他これらに類する危険な運動」に、ユーコンの川下りは含まれるのだろうか。

クマにがぶがぶかじられながら「本当に保険は適用されるのだろうか」などと考えるのは嫌だと思った。


書かれてた電話番号に問い合わせてみると、モンベルの本社につながった。担当の方に旅の概要を伝えると、「確認してみます」とのこと。数時間後に返答があり、「その時期のユーコン川でしたら、危険な運動には当たりません」と回答してくれた。(※実際に契約される方は各自確認を。)


保障内容は傷害死亡3000万円、傷害後遺3000万円、治療救援費用3000万円などだった。23日間保険料14890円で、後日契約した。



[PR]
by n11t | 2016-10-31 07:00 | ユーコン川