新居拓也のブログ。2016年夏、カナダのユーコン川を下ってきました。前職は地方紙記者。元川の学校スタッフ。


by n11t

日記

結果的にオフデー

午前、奈良県と愛媛県の県庁に電話して、ゼミの資料集め。
奈良県は僕の要求に応じて、わざわざ資料を作ってくれた。

読んでいなかった本を読み終えたり、借りていた映画を観たりできた。
カポーティの「冷血」をやっと読み終える。
訳書が苦手なせいか、時間がかかった。
しかし、情報のつぎはぎのような印象が。

5限だけ授業。
聞き流しながら新聞のスクラップを取る。

図書室で川ガキの報告書をやるつもりが、ヨーロッパに行ったときのことを書いているブログを書き出すと止まらなくなってしまい、進まず。

夜、帰宅するとコンビニで買ったグラタンを食べながら、金曜日が期限の映画を見る。
「アヒルと鴨のコインロッカー」と「カッコーの巣の上で」。
2本の映画のタイトルに3つの鳥が出てくるのは偶然。

「アヒルと鴨のコインロッカー」は、原作をうまくまとめた秀作。
「カッコーの巣の上で」は、衝撃的なエンディングだった。

[PR]
by n11t | 2008-12-04 00:00