新居拓也のブログ。2016年夏、カナダのユーコン川を下ってきました。前職は地方紙記者。元川の学校スタッフ。


by n11t

大改修

f0093462_8435313.jpg

出雲大社に訪れた目的。
それは60年に一度の大改修。
普段は天皇陛下ですら入れないという本殿を
間近にみるとことができたのだ。(現在、公開は終了)

見学にジーンズは不可。
電波を本殿に侵入させないため、携帯はマナーモードでは無くオフ。
当然、撮影も禁止だ。

本殿はすっぽりと鉄骨造りの建物で覆われ、足場が組まれてている。
象徴的な檜皮の屋根は手が触れられそうな距離。
薄く幅も数センチの檜皮が幾層にも重ねられている。
気が遠くなりそうな作業だ。

これほどの聖域になぜ僕たちのような一般人が入れたのか。
出雲大社の担当者は見学前の注意説明で、「文化継承のため」と話した。
「次に見えるのは60年後。改修の様子を目に刻み、ほかの人に伝えてほしい」

見学者には、60年間出雲大社を雨から守った檜皮が全員に渡された。
家の鬼門に埋めるといいのだとか。
「決してどんど焼きで燃やさないように」
[PR]
by n11t | 2012-03-26 08:43 | 国内旅行